薬剤師求人転職で後悔しないベストな方法とは

友人の転職話

 

 

友人の求人失敗話

 

 

友人の女性は30才で病院勤務をしていました。給料も少なくいろいろ悩んでいるようでした、求人を自分で探して調剤薬局に転職をしました。
転職をしたときは以前より給料がよく、うれしくて喜んでいました。
薬局もジェネリックなどの薬も増えて薬価の変更などいろいろあり利益が減っていたといいます。彼女も時間とともに少しずつ給料がへること
になりました。いろいろ社長に交渉したといいますが、給料はどんどん減ることになり、我慢をしていましたが最後は転職ということになりました。

 

いろいろ話を聞いてみると、最初は給料がよいので契約をしましたが経営の失敗で解雇ということでした。
込みのようにいろいろなケースがありますが、調剤薬局もつぶれる時代が目の前に来ています。個人の薬局もまだまだありますから、これから
咲き心配でならないということでした。

 

 

 

 

ある友人の話です。

 

実際にあったことです。転職で製薬会社勤務でしたが調剤薬局に勤務をしました。菜買い゛間の勤務でしたが突然医師のガン宣告です。
確かにガンは仕方がないのですが、結局人員が多いため希望退職ということになりました。

 

このケースも突然ですから仕方がないですが、調剤薬局の規模医師の年齢などを考えておくことも一つの目安になります。
てろてろなケースがありますが、今の時代は転職ということがいつでもありうるということです、新しい若い薬剤師はたくさんいますから、高年齢の
薬剤師は求人のときはいろいろなことを考えなけければならないですね。