薬剤師理想の求人を無料で探す後悔しない裏技サイト

■病院薬剤師と調剤薬剤師とは

 

 

薬剤師の数がどんどん増えいる現状で、半数以上は調剤薬局勤務ということです。
医薬分業が進んだことでどんどん薬局がふえてきました。増えすぎともいえるのでないでしょうか。

 

 

薬剤師は病院、ドラッグストア、企業などいろいろなところで勤務ができそうですが、
薬局勤務がまだ多くなりそうです。

 

 

病院薬剤師の仕事

 

 

 

入院患者さんの調剤、、患者さんへの薬の説明がメインになります。

 

病院で回診した後で医師が処方した薬の調剤をし、患者さんのところで説明するという形になります。
病院はチーム医療が基本になって医療が進みます。病院薬剤師の責任はこれからも当然大変になります。

 

 

 

調剤薬局薬剤師

 

 

処方箋を調剤をすることになります、調剤だけでなく患者さんに効能、服用上の注意、保管方法などを話品が毎日がいそがしいです。

 

薬によって、副作用やアレルギーのこともかんがえないといけません。
既往があるか確認する、そして処方の内容の疑義もしなければなりません。

 

 

 

ドラッグストア

 

 

 

ドラッグストアのなかに、保険調剤をしているところもありますから、場合によるとそれも対応することがあります。。
ドラッグストアでは、薬剤師が販売員になりますから、とても忙しいことになります。。

 

 

下に続く

 



つづき

 

この病院薬剤師と調剤薬局薬剤師というのも違いは少しありますが、行っている内容はやはりにています。同じ名前の薬を使っているためです。

 

この違いをどのようにして転職にするかは、よい、悪いでなく その人にあっているかがポイントになります。

 

病院が合わない人もいます。薬局がいい人も、ドラッグがいい人もいますから、自分にあった現場を探してみましょう。家庭の事情なども考えなければなりませんね。

 

長く勤務するためには自分にあったところでないとできません。人間関係もありますから、精神的に大変にならないようにして就職転職をしてみましょう。
どの薬局を選ぶかはこれからの傾向を考えてから、少しずつ変化を見ながら転職を考えてみましょう。薬局も個人ではなかなかオープンできなくなった現在はチャンスがあれば、ぜひ決断を早くすることが成功になることもあります。