薬剤師求人転職で後悔しないベストな方法とは

 

 

これから薬剤師はどうなるか

 

 

今歯薬剤師の給仕もありますが、これからどうなるのでしょう。ご存知ですが、薬剤師が増える一方で定員割れの学校ができていますから、当然学校の薬学部の閉鎖もあるでしょう。
そして今の薬剤師上手くいかずも給料も下がって薬局の数も減る傾向があると思います。
ということは、今のうちによいところを探すことを考える必要があります。今のところが満足していればいいでしょう。そして今の薬局、病院、会社ががいつまで存続するかを考える示談になると思います。

 

今いると処方箋の出している医師が若いといいのですが、自分よりも年上の場合はいつかは引退されます、そのときが転職とならないかもしれません。

 

友人の意思はまだ65才でしたががんで先日なくなられました。そして薬局を閉鎖しました。

 

このようにこれから何が゜おこるかわかりません。薬局に限らず父さんがあるのですが、先をみて転職を考えておくことがベストかもしれないです。

 

登録をしてよいところ、よい条件があればさがしてみるのもいいかもしれないですね。
ある友人は薬価改正でどんどん差益がなくなって、売り上げが低下して仕方なく転職をしました。さらにその人の友人は解雇ということになりました。

 

これからジェネリックが増える環境がありますから、ますます経営が難しくなるでしょう。

 

技術料もとりなくなつていく時代に、しっかりとした会社を選択しなければならないかも知れないです。いままでのやり方では倒産ということになるでしょう。

 

薬局も経営者が薬剤師の場合、薬剤師でないケースがありますがこの二つでますます違いがでてくることもあります。

 

 

 

 

 

  おすすめ薬剤師転職人気サイトです。無料登録