薬剤師求人転職で後悔しないベストな方法とは

■管理薬剤師として勤務したが失敗

 

 

知り合いの紹介で管理薬剤師候補になってほしいと転職をしました。よい条件で話をいただいて事前の話では給与があがるとの話で喜んでいました。
転職後時間がたつにつれて、売り上げ、経費節約、人件費節約でいろいろなところにしわ寄せがありました。当然給料にも影響がでて減給となりました。

 

 

このようなケースもあるということです。

 

 

 

給与などの条件は労働条件明示書を発行しなければならないので、しっかりと書面を作ってもらうことがいいとのことです。どうしても知り合いならということで、そのあたりがおろそかになっています。

 

 

このケースのように口約束で契約をするというのは絶対避けなければならないといえます。

 

 



担当者は

 

 

担当者のかたに相談をしてこのようなケースにならないために

 

 採用条件を文書で確認してもらって、面接時に給料のことなどもしつかりとサポートをしてもらうことをしてくれるそうです。
交渉も担当者がしてくれるということですから、失敗をしない転職をすることですね。

転職するときのタイミングは一人一人ちがいますから、その人にあったケースがありますから、いろいろ相談をしてほしいということです。

 

確かに転職後の減給は絶対にさけたいです、不景気の時代に何が起こるかわからないですから、私の友人も医師ががんで突然の死亡ということで、薬局を閉鎖で転職となりました。
このようにいろいろなケースがありますから、自分で自分を守ることをいつも考えておかないとためですね。

 

 

管理薬剤師として勤務したが失敗関連ページ

転職で一番悩むのが
転職で一番悩むのが 今の職場にいるか転職がいいのか
企業は転職サイトに登録をすると損なのか。
求人の企業はいまたくさんあります。ライバルが増えています。あちらこちらで薬局が乱立していますから、双方宵条件のものをさがしています、経費をかけたくないからですね。