薬剤師求人転職で後悔しないベストな方法とは

■転職で一番悩むのが

 

今の職場にいるか転職がいいのか

 

ということになるといわれています。これがやはり一番気になるところで当然誰もが考えています。すべてが成功しているということでないことも知っておくことが大切です。

 

 

■転職を失敗するケースは何か

 

今の職場から調剤薬局として、希望の病院薬剤師へ転職したとします、病院薬剤師になれても、現実を見たときに自分が考えたイメージと違っていることがあります。このときに後悔がでて失敗となつてしまいます。

 

これが調剤薬局からでなくとも、企業、ドラッグ、などに転職と同時におこります、今までと環境が違うところですから、やはり位置からの転職となります。

 

転職が同じ調剤薬局、ドラッグであっても新しい環境が勤務体制ということにもなります。いままでと大きく環境が違うと戸惑いがでます。

 

 

 

担当者によると

 

憧れてその職場に行くときによいイメージのみで転職をすると失敗をしてしまうことがあります。
他社がよいイメージを感じることがたくさんあります。理想と現実のギャップがあるときが一番悩んでしまうことがあります。求人票だけで判断は避けるほうがいいとのことです。どうしてもよい条件で書いていることもあるとのことです。

 

 

実際の現場をしることで転職がいいのですが、どうしてもすべてを知ることはできません。担当者によく聞いてほしいとのことです。

 

 



コラム

 

転職の面接、担当者との打ち合わせなどのときは時間がきまっていますが、待ち合わせのときに時間を守る人、時間ぎりぎりの人、時間に遅れる人などがいます。待ち合わせに時間を厳守するのはビジネスでは当然ことですが、待ち合わせの場所には早く行くようにしましょう。

 

時間を厳守することでやはり信用度がでます、時間はその人の性格がでるといわれていますから、薬剤師の求人だけでなく人に会うときは注意をしてみましよう。

 

転職で一番悩むのが関連ページ

管理薬剤師として勤務したが失敗
知り合いの紹介で管理薬剤師候補になってほしいと転職をしました。よい条件で話をいただいて事前の話では給与があがるとの話で喜んでいました。
企業は転職サイトに登録をすると損なのか。
求人の企業はいまたくさんあります。ライバルが増えています。あちらこちらで薬局が乱立していますから、双方宵条件のものをさがしています、経費をかけたくないからですね。