薬剤師理想の求人を無料で探す後悔しない裏技サイト

■調剤薬局薬剤師として

 

 

薬局に勤め始めると、初任給は他の仕事に比べると高めで、同年代なら友人・知人と比べてみると、目熊乗れているといわれます。

 

調剤薬局薬剤師は、昇給が多いとあまりいわれていません。「昇任」の制度もないことがおおいでしょう。

 

収入の竹を考えると20代の調剤薬局薬剤師と比べても、40代の薬剤師もほとんど変わらないともいわれています。

 

同じ薬局で勤務しているとどうしても、内容が同じですからスキルがあがりません。いざほかの薬局では塚ものにならないこともあります。当然逆のことにもなります。

 

 

薬剤師は「転職が多い」とよくいわれます、これもこのまま同じ場所で単調な仕事をしているとどうしてもほかの薬局をみたくなるのも当然といえます。

 

会社勤務とは違った別の内容ですから、給料が若いときはよくても昇給が少ないためにさらなる給料アップを考えてしまいがちです。

 

 

スキルアップといっても食べて額関節できることではなく、その勤務で三年間以上の勤務をすることが必要になるでしょう。

 

大きな病院の調剤薬局であればいろいろ経験ができますが、小さい単科の門前ならどうしても毎日が単調になってしまうことは当然です。

 

薬局の将来を考えると給料アップは必ずできるとは考えにくいことになります。
転職の意味をしっかりと考えておくことがたいせつになるでしょう。
今の仕事で転職をする理由をしっかりと確認しておくことが大切でしょう。

 

 

 



調剤薬局薬剤師として給料アップ関連ページ

管理薬剤師として
薬剤師の給料は新卒のときがよくて昇給があまりなく、維持という傾向があります。でも給料は上がることを誰しもかんがえた時は、どうしても管理薬剤師ということになります。