薬剤師求人転職で後悔しないベストな方法とは

薬剤師の年収

 

薬剤師の年収がどうしてもきになることです。

 

年収も実際はばらばらですが、新卒では給料がよいといわれているケースもありますが、経験とともに上がってもやはり限界がありそうです。

 

就職先により年収が違いがあります。

 

大学院卒、製薬会社勤務であれば、30後半で1000万前後
調剤薬局は、30代で500万〜600万円
病院薬剤師は、管理職になっても400万円
公務員は、大学卒の公務員

 

こんな感じでいわれています、当然景気不景気などで年収も違いがあるでしよう。現実は個人経営、会社経営などでやはり違いがあるでしょうが、大きな変化はないでしよう。

 

 

 

男性薬剤師にはメーカー勤務がよいということも言われています。

 

 

転職は会社の場合はどうしても、途中入社はできにくくむずかしいともいわれています。最近は調剤薬局が多く見受けられることですね。

 

調剤薬局でも年収は5−600万円が多いようで、やはりこれが限界でしよう。

 

 

  おすすめ薬剤師転職人気サイトです。無料登録

 

      

 

 



コラム

 

転職の理由は何かしっかりと考えおくことが大切といわれています。
というのもやはり年収が5−600万円といわれている中で、それ以上を考えるなら
無理な可能性もあるということです、年収がよいということはそれに伴ってさらなる負担がかかることも考えて面接をしなければならないようです。

 

管理薬剤師なら雑用も多く帰宅時間も遅くなることもあります、転職の理由をしっかりと考えて、条件を担当者に話をしておくことがポイントでしよう。

 

薬剤師の年収アツプは忙しい店舗、かんれり薬剤師と考えることになるでしょう。忙しい店もやはりその分薬剤師を雇用することになり、実質変化がでない可能性も出でいます。
高給案件輪探すためにもサイト登録が給料アップにつながるかもしれないです。

 

どの職種でも転職の理由をしっかりと考えて、後悔のない転職をしなければならないですね。

 

 

 

薬剤師の年収をアップはできるか関連ページ

初任給の話
薬剤師なら転職のチャンスは多くありません。自分で転職を探すより転職サイトで相談するのが今はベストです。後悔しない転職をしてください。
年収を考える
景気不景気などで年収も違いがあるでしよう。現実は個人経営、会社経営などでやはり違いがあるでしょうが、大きな変化はないでしよう。