薬剤師求人転職で後悔しないベストな方法とは

初任給の話 最近は6年生の薬剤師が誕生して毎年たくさんの薬剤師が卒業しています、その中をくぐって転職となるとしっかりと就職先を決めてから出ないと退職はしないようにしなければなりません。 なんども転職できることではありませんから、しっかりと面接をしていろいろ確認をして決めるようにしたいものです。 6年卒薬剤師の初任給は平均21万7000円  という結果が出ています。 医師初任給 39万8816円、看護師 20万5712円、准看護師 17万6181円 という感じなっているようです。 病院給料年収 初任給で月20万円〜25万円、年収(初年度)で300万円〜350万円 調剤薬局年収 初任給で月22万円〜30万円、年収(初年度)で350万円〜400万円 ドラッグ年収 初任給で月25万円〜35万円、年収(初年度)で350万円〜450万円 といわれているようです。年収はどうしても変動がありますから、大きな会社のほうが安定しているようです。 給料も年収として払われる傾向で、年収がよくても保険などがない薬局もあります。しっかりと内容を確認してきめましょう。



初任給の話関連ページ

年収を考える
景気不景気などで年収も違いがあるでしよう。現実は個人経営、会社経営などでやはり違いがあるでしょうが、大きな変化はないでしよう。
薬剤師の年収
転職は会社の場合はどうしても、途中入社はできにくくむずかしいともいわれています。最近は調剤薬局が多く見受けられることですね。