疲れ目解消のツボ対策ナビ

スポンサードリンク

対策と予防

 

眼精疲労疲れ目の治療法

 

眼鏡の調整
ビタミンB12点眼
調節賦活剤の点眼

 

といったものが以前はおこなわれていました。

 

疲れ目を訴えても満足いくものでないです。治療として温めたり、冷やしたりすることで血行を浴することが行われています。

 

温罨法(おんあんぽう)・冷罨法(れいあんぽう)といわれています。

 

 

この方法は血行をよくするために行われ、温める・冷やすことはいずれも疲れ目に効果があります。

 

冷やすと血管は収縮し、温めると拡張することを利用して血管を刺激することで循環を促進させるために行います。

 

どうしても筋肉などの疲れで老廃物がたまりますから、取り去りことを目的に利用されます。

 

目の周囲をマッサージするということも効果がありますから、自分でもできますから、治療として予防もかねて行うことがいいでしょう。

 

 

目が炎症を起こしているということがあれば温めることは避けて医師の治療をしておくことが大切になります。

 

疲れ目だけと考えてそのままにしておくのでなく、なかなかよくならない時は検査をしておくことも必要になります。

 

 

室内の乾燥を防ぐために加湿器を使うことも必要菜ことがあります。

 

 

視力が低下している人はめがねがあっていないこともありますから、検査をしておくことも必要でしょう。

 

コンタクトレンズで目に負担がかかったりすることもありますから、そのときは注意をして検査を受けメカネ生活をしばらくしてみましょう。

 

最近は食べ物でブルペーリーがよいといわれていますから、ビタミンとともにとるようにしてみましょう。

 

 

 

スポンサードリンク