疲れ目解消のツボ対策ナビ

スポンサードリンク

睡眠で疲れ目を取る

睡眠と目

 

目の疲れを取る

目の疲れは毎日のパソコンでどんどん筋力の低下が増えます。これを解消するために自宅での睡眠時間はぜひとも増やしてください。目の疲れはどうしても目を開けている時間が多いとどんどん疲れを作ってしまいます。

 

 

目を閉じることは睡眠ということになりますから、睡眠時間、休憩時間をつくって遠くをみる習慣を作ってみましょう。視力は遠近を調節できないことが疲れの原因ですから、自分で遠近療法をして筋肉をリラックスさせる、刺激をすることがいいてじょう。

 

 

睡眠をとるのに出来れば一日に6時間程度取れればいいでしょう。テレビを近くで見ないでゆっくりとした時間をつくりましょう。

 

睡眠するときに目を閉じることは効果があります、しかし、目を閉じていても光を感じていると疲れを取ることが出来ないため、光を感じないように明かりを消すことがいいてじょう。

 

 

夜睡眠をすることが目の疲れを取ることになりますが、出来れば昼に休憩する時間があれば最高です。少しだけでもたとえ10分程度の休憩があればお勧めです。

 

 

 

 

視力、目の疲れを取るためにも目に良い食べ物を選んでみましょう。

 

 

 

 

 

 

アンナトシアニン
カシス
ルテイン

 

 

なども目にはとても大切なもので人気のものになっています。

スポンサードリンク