腰痛の原因と治療対策ナビ

スポンサードリンク

腰痛と椎間板ヘルニアが原因

 

腰痛として有名な椎間板ヘルニア

 

腰椎の髄核が飛び出して神経にあたっているために痛みがでています。

 

これが原因になります。

 

腰椎の下部に多く発生します。この痛みも特にひどく痛みが取れなくて

 

なやんでいる人がいます。

 

 

私もその一人でした。

 

 

 

 

良く腹筋を鍛えろといわれています。

 

これは避けるようにしなければなりません。腰痛は前と後ろの筋肉の

 

バランスで保たれています。

 

 

 

腹筋だけでなくその他の筋肉にもいろいろ緊張しないようにしなけれ

 

ばなりません。

 

腹筋、背筋のバランスが大切で、腹筋だけを鍛えても意味がありません。

 

腕や足の筋肉もバランスよく緊張を取るようにして、まず痛みをとること

 

が大切です。

 

重たい物を持ち上げたりしているようなら、予防をこめと荷物などの持ち

 

方を考えておくことが大切になります。

 

 

腰痛患者は、腹筋をトレーニングをするだけではためです。治療には

 

やはり、腹筋の緊張をとることが優先されます。

 

腹筋の使い方をトレーニングすることをしてみましょう。

 

 

さらにテーピングをして腰痛対策をしてみましょう。椎間板ヘルニアで

 

私も悩んでいましたから、テーピングも使って治療してみましょう。

 

ただ、椎間板ヘルニアは痛みの程度が強いため医師の検査をして

 

ひどいときはリハビリを十分にして手術は避けたいです。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク