腰痛の原因と治療対策ナビ

スポンサードリンク

生理前、生理痛が腰痛の原因

 

 

生理痛が原因となることが多いでしょう。

 

生理前の腰痛は特に多くかなりの人が経験しています。

 

腰がだるかったり
重かったり
腰が動きにくい

 

などが感じるということです。

 

 

 

生理痛の原因がやはりホルモンが原因になりますから、ホルモンは

 

 

子宮に緊張をつくってしまうので

 

 

子宮筋腫

 

子宮筋腫によって腰痛が起こることもあります。

 

子宮の筋腫が大きくなることで周りの臓器を刺激することが原因になります。

 

この腰痛は持続して痛みが続くことがあります。

 

あまりに痛いときは手術を考える必要があります。

 

出来る場所によって、痛みの程度がないケースがありますから注意をして

 

経過をみましょう。

 

 

 

卵巣のう腫

 

腰痛の原因が卵巣のう腫ということもあります、いろいろな卵巣の原因に

 

なりますから、一つだけが原因ではありません。

 

卵巣のう腫は両性の腫瘍ですが腰痛には原因として考える必要があります。

 

良性の腫瘍で悪性腫瘍となる場合は約10%ぐらいといわれています。

 

小さな大きさでも大きくなってしまうと、他の臓器や神経を圧迫して腰痛

 

を起こすことがあるのです。

 

 

 

生理痛になる原因を考えると腰痛が起こる原因になりますからその

 

原因を取り除くことをかんがえたいものです。

 

薬などを利用してり手術をすることも必要になります。

 

安易にマッサージは効果と手術はありませんから、なかなかよくならな

 

いときは、やはりまず検査が必要になります。

 

 

ストレッチ、体操、などをしても腰痛が楽にならないときは注意しましょう。

 

スポンサードリンク