腰痛の原因と治療対策ナビ

スポンサードリンク

腰痛原因は内臓から

 

腰痛は姿勢からきたり、冷えたりするみとで起こりますが腰痛体操を

 

してり、ツボを使ったりしても硬貨がないことがあります。

 

そんなときはもしかすると内臓からの腰痛が考えられます。これも

 

意外に多くイツまでも痛みが取れない、痛みがあまり変わらない

 

 

というときは病院で検査をしておくことをおすすめします。

 

腰痛の原因が内臓といわれると「なぜ」といわれるかも知れない

 

ですが、実際にたくさんあります。

 

 

 

 

 

内臓の病気が原因の腰痛として

 

 


胃・十二指腸潰瘍、
腎結石、
子宮筋腫

ストレス
子宮筋腫
卵巣
腎臓
膀胱

 

 

 

 

などが原因で腰痛が起こることを知ってください。

 

 

 

内臓疾患が原因というときは腰痛の痛みの場所程度に違いがあります。

 

痛みの場所があまりはっきりしないということが一番の特徴です。

 

 

 

腰は特に腎臓がある場所にあたりますから、間違えことがたくさんあります。

 

早めの対策が必要になるでしょう。チャンスを逃さないようにしましょう。

 

 

腰痛の痛みの違い゛かあります。腎臓の痛みは鈍痛、奥の痛みがある

 

でしょう。

 

表面と奥の違いを考えてみましょう。姿勢によっても痛みが変化しに

 

なかったりしますから、内臓からの腰痛は注意してください。

 

腰痛体操をしても痛みに変化がありません、かえって痛みが増えるこ

 

ともありますから、そのような時はすぐに病院に行くことをしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク