腰痛の原因と治療対策ナビ

スポンサードリンク

女性の腰痛と原因

 

女性と腰痛はかなりの頻度であります。

 

 

男性が腰痛が多くありますが、女性だけの腰痛があります。

 

 

女性の腰痛の原因は子宮などの臓器が原因となることが

 

おおくあります。

 

さらに女性は筋肉が弱いために、腰痛の原因にもなつているということです。

 

子宮、卵巣など女性だけの臓器は他の臓器にも影響がでますから、注意

 

が必要になっています。

 

女性なら腰痛は生理のときにまず経験することがおおく、

 

生理不順とか生理痛とからんで痛みがなかなかとれないケースがあります。

 

痛むときも腰痛だけでなくおなかにまでひどく痛みを訴えます。

 

生理痛のときは分泌されるホルモンに間消して痛みに変化かがあります。

 

この痛みはホルモンの分泌量が関係していて、子宮の収縮して痛みを引

 

き起こす程度に変化がでるりです。

 

 

生理のときにストレスが関係してきます、自律神経を乱しやすくなって、

 

筋肉を緊張させて血流を悪くします。

 

 

 

さらに

 

子宮筋腫
卵巣のう腫

 

 

など女性だけの腰痛の原因になっています。

 

 

妊娠初期、妊娠後記なども当然体に負担が大きくかかわりますから、

 

腰に負担がかからない体制をとるようにしてください。

 

生理の前の腰痛はかなりの人にあります。腰痛がなくても

 

だるかったり、重かったり、緊張があったりしていますから注意が必要

 

になつています。

 

 

 

もし腰痛が良くならないときは、女性のこともありますから婦人科で

 

検査をして原因を探してみましょう。

 

 

 

スポンサードリンク